小説『168時間の奇跡』を読みました。

ボランティアスタッフのカズと申します。

ケンの家でのボランティアに参加して8か月が経過しました。

昨年夏頃からちょくちょくシェルターに足を運ばせてもらってはいました。
お手伝いを始めたのはこの春から。

わんこたちのおかげで、幸せな時間を過ごせています。
こんなにも幸せって身近に転がっていたんだ!と気づきます。
何よりわんこが好きなのだと、あらためて感じます。

お散歩中、葉の色や風のにおいで季節の移り変わりを感じます。
ながらスマホなんてもったいない!
ささやかだけど、永遠に続くような幸せな時間が流れています。

これまでの日々で感じたことを綴りたいと思います。

市場・マーケットは誰が作る?

売れるものはたくさん作る。「商品」であれば当然です。
売る側には、経費と言われるお金がかかります。

たとえば、工場を建てるお金や働く人に支払うお給料など。

それらを差し引いて最終的に残ったお金が利益と呼ばれる「儲け」です。
たくさん商品を売り、経費を少なくできれば儲けは大きくなります。

それでは、売れ残ったものはどうするか?

安売りする、廃棄するなど、いくつかの方法があります。
スーパーのお惣菜コーナーが夕方になると値引き販売しますよね。
捨ててしまうよりは安売りしたほうがまだお金になるわけです。

ただ最近では廃棄にもお金がかかるようになりました。
なによりも、限りある資源を食品ロスのようなムダにしないことが大切です。

「商品」を「わんこ」に置き換えてみる?

ペットショップに並べられているのは、まぎれもなく「商品」としてのわんこです。
売る側は儲けを出すため、たくさん作ります。

「シベリアンハスキーは売れそうだ!」
「チワワは日本の住居環境には合うはず」

買う人の需要を予測し、それを満たすべく作ります。
たくさん儲けを出したければ、産み育てていく間にあまりお金をかけたくはないはずです。

それでは、売れ残ったものはどうするか?

先ほどと同じ質問です。
…いろんな矛盾に気が付きます。
そもそも「商品」=「わんこ」って、どうなんだろう?
ペットショップに並んだウィンドウケースの向こう側を私たちはほとんど知りません。

この矛盾に触れた小説を読みました。
丁寧な取材をもとに執筆されています。

お時間があればぜひ。

新堂冬樹 著/1870円(税込)/刊行日2021年2月24日/犬を愛そう、家族になろう。保護犬施設「ワン子の園」には、心身ともに傷を負った犬たちとさまざまな里親希望者がやってくる。犬と人間の共生が抱える闇と希望を描く、心温まる長編小説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。