HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

科学の力に頼りすぎず、自然と共生するためには

科学の力に頼りすぎず、自然と共生するためには、私たちの日々の暮らしで、エコに関する取り組みをしていく必要性があります。例えば、科学の力の象徴である、電気に関して、電気をつける時間をなるべく減らすために、夜は早く寝て、朝は早く起きる行動を取り入れれば、電気という貴重なエネルギーの消費を抑えることができるとともに、自然環境に対しても、悪影響を与えることが少なくなります。夜遅い時間にも明かりが多くついていることで生じる、異常な明るさによる悪影響を光害といいますが、これは自然界の動植物に昼夜の本能的な判断を狂わせることにつながります。私たち一人ひとりが早寝早起きによって明かりをつける時間を減らすことで、自然と共生していくことができるようになるでしょう。

応援企業

オープンハウス社長は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 オープンハウス社長
WEBサイト オープンハウス社長
会社案内 オープンハウスのコアとなるのは戸建関連事業で、そこで得たノウハウを活かし、マンション事業、収益不動産事業と事業拡大し、さらに不動産金融という新たな世界へ一歩を踏み出すべく米国不動産事業にも進出した。オープンハウスの代表取締役社長:荒井正昭さんは32歳(1997年)で株式会社オープンハウスを設立しました。少子化が進み、共働きの家族が増加する中、消費者のニーズは“狭くてもいいから通勤に便利な立地を”と変わってきました。2018年3月より、「東京ヤクルトスワローズ」のトップスポンサーを務めており、「オープンハウス・ホームラン賞」を提供しています。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。