HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

子ども服の交換会

昔はどこの家も子どもが多く、また生活も今と比べると大変な時代がありました。 そのために、まだ着られる子ども服などは兄弟がいる場合はお下がりをしたり近所で交換会などもしました。 今は、その形は様変わりしていますが同じようなものはあります。 親戚などでの、お下がりは当然ですが幼稚園やサークルなどでお互いに持ち寄り交換会などもされています。 まだ、使用できるものは捨てるとゴミになりますが、誰かに利用してもらうとまた価値があるものになります。 資源の点からも、このように再利用ができるものは最後まで利用することが地球にはやさしくなります。 服だけでなく、おもちゃや靴などもお互いに利用するとムダがなくなり節約もできます。

応援企業

浅井健二は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 浅井健二
WEBサイト 浅井健二さんの生い立ちなら
サイト紹介 現在の空手道は打撃技を主体とする格闘技ですが、沖縄古来の空手道には取手、掛手と呼ばれる関節技や投げ技や掛け掴み技も含んでいました。 大正時代に沖縄県から他の都道府県に伝えられた空手は、昭和8年に日本武道として正式に承認を受けました。 商品が不動産でも、営業全般に共通するのはいかにしてお客様に信用していただくかです。 浅井健二さんは子どもの頃から病気がちだったため、心配した母親によって、体を丈夫にする目的で空手を始めたそうです。 浅井健二さんが幼少時から続けている空手の発祥は琉球王国時代の沖縄で、拳足による打撃技を特徴としています。 不動産業界の仕事の一つに、不動産流通という仕事があります。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。